クレジットカードを使った現金化が疑われた?申し込み前に気をつけておきたいこと

クレジットカードを利用した現金化は借り入れに該当しないことから、審査を必要せずにスピーディーに完結するのが便利な現金調達手段です。しかし一方では、こうした利用方法はカード会社が示している規約に違反しているため、手続きを行う際には十分な注意が必要になります。
一体、どういった使いかたをすると現金行為を疑われやすくなるのか、気をつけておかなければならない点を十分に理解した上で利用をしましょう。

換金率の高い商品を頻繁に購入している

カード会社に現金化目的での利用を疑われる原因の1つが、普段とは異なる使用履歴から自動検知システムに引っかかるケースです。いつもは日用品をメインに1回に数千円程度しか使われていなかったのに、突然ブランド品や貴金属を購入するようになった、こうしたものを大量に、定期的に同じようなものを買っているといった動きが確認されれば、突然利用停止となる場合があります。転売して現金を得ている可能性が高いためです。
名義人本人が現金化利用している場合だけではなく、本人が知らないところで不正利用されていることも考えられるため、一刻を争うことから、不審な動きを検知されたカードは名義人に連絡なく突然停止されます。問い合わせが来たら、現金化以外の購入目的を説明できるように、予め準備をしておきましょう。

キャッシング枠の残高がない

クレジットカードには、買いもの時の支払いに利用するショッピング枠とは別に、もう1つキャッシング枠も備わっています。まとまった現金を用意しようと思った際にはこちらのキャッシング枠が便利ですし、いざという時に頼りにしているかたも多いでしょう。
しかし当然ですが、上限が設けられていて、いっぱいになればそれ以上の金額は借りられません。また、クレジットカードはあくまでも買いもの利用がメインとなるため、キャッシング枠の上限額自体があまり大きく取られておらず、現金化利用者はその少ないキャッシング枠を限界まで使っていることが多い傾向です。こうした理由から、キャッシング枠がこれ以上利用できないという状態のかたほどカード会社の監視の目が厳しくなり、現金化を疑われる一因にもなります。
その上で、ショッピング枠のほうもギリギリになっている場合はより危険。形だけでも、お金まわりにゆとりがあることを見せておくほうが安全ですから、キャッシング枠の使いかたにも目を向けておきましょう。

頻繁に支払いに遅延が生じる

クレジットカードで使った分の金額は、カード会社が指定する引き落とし日までに口座に用意しておく必要あります。そのお金が足りなかった場合やそもそも口座にお金がなかった場合、1日でも完済が遅れてしまったら遅延、延滞と見なされますので、現金化を行う場合にはくれぐれも問題のない範囲内で利用をしなければなりません。
頻繁にクレジットカードを使った現金化を行っているかたの中には、こうした遅延を繰り返してカード会社に迷惑をかけていることも少なくありません。原因を調査すると現金化していたというケースが目立つため、内緒で現金化を行うためにも、支払いに遅れが生じる状態は避けなければならないのです。
また、現金化利用について言い訳ができたとしても、あまりにも遅延が悪質な場合には信用情報に傷がついてしまいます。

カード会社は、利用規約を守ることを前提に申込者にクレジットカードを発行しています。ですから、現金化行為自体がカード会社を騙す形で行われていることはしっかりと頭に入れておかなければなりません。発覚した場合には相応のペナルティを受けることになります。
不自然な動きをしないように、換金率の高い商品を頻繁に購入しないこと。計画的に利用して支払いに遅延を生じさせないこと。いざという時のためにカードの利用目的を明確に説明できるよう準備しておくこと。デメリットも踏まえた上で賢く使っていきましょう。