クレジットカード現金化悪徳業者はどんな方法や手口で客を狙うのか

クレジットカード現金化を取り扱う業者には、何年も続いているような不正0のリピーターが多い業者と、残念ながらそうではない業者が存在します。
クレジットカード現金化の悪徳業者とはどのような手口と方法で、不正をおこなっているのでしょうか。
業者とは事前に見積もりなどのやり取りをしたり、口コミなどを調べながら、中身を理解してから進めて行きたいものです。

クレジットカードで引き落としをしたあと逃げられてしまう

クレジットカード現金化の悪徳業者の方法としてわかりやすいのが、引き落としをしたあとそのまま逃げられてしまうことです。
通常なら商品を購入したことで受けられる特典のキャッシュバックとしての特典の入金や、本当に商品を買ったのならそれを売る手続きをして現金を得る方法となります。
悪徳業者側は現金が手に入ればよいだけですので、最初は必要な手続きを進めますがいざ引き落としが終わると現金が手に入りますので、満足してそのまま消えてしまいます。
連絡しても音信不通になっていて、その後のやり取りさえできないこともあります。

無人型の店舗なら簡単にできてしまう

以前は商品買取方式をいって店舗で実際に商品を買って売って現金を得る流れとなっていたため、業者は店舗を構えて営業していました。
しかしながら、現在はキャッシュバック方式という商品をかった特典として現金を入金するという流れをとっているため、特に店舗を構えなくてもお店は営業しています。
連絡先はあるのですがお店ではなく個人でやり取りをしていたり、一度連絡がつかなくなってしまうとそのまま連絡が取れなくなります。
実際に行くお店もありませんので、どうしようもなくなってしまいます。

商品を買ったけれど現物が送られてこない

クレジットカード現金化では買った商品を実際に売ることで現金化する商品買取方式を使っていることがあります。
商品を購入したのにもかかわらず商品が送られてこないことがあります。
利用者は商品を売ることで現金を手に入れますので、完全な詐欺行為となります。

キャッシュバック方式なら違法になる

キャッシュバック方式は商品を買ったことの特典として現金を手に入れる流れです。
商品を購入して現金の入金があっても、商品自体が送られてこないことがあります。
これもまた違法行為なります。
キャッシュバックをして現金を受け取ることが正式なルートとなり、単に現金をもらうだけでしたら金融会社と変わりません。
クレジットカード現金化の機能を果たしていなくなっています。

見積金額より少ないお金でしか入金がされない

クレジットカード現金化の業者には、業者ごとに換金率が設定されていて、それにそって現金化されていきます。
換金率は利用者にとって大切なポイントなのですが、必要以上に換金率が低くなっている時は詐欺になるといえます。
このような差異をなくすためには、最初に見積等とっても良いといえます。
入金額は気をはって注意しなくてはなりません。

リピーターで信用させてからおこなわれていることも

同じクレジットカード現金化の業者を使う時の注意点として、少しずつ減らしていく方法をとっていることもあります。
手法として最初の利用者には信用させるために満額で入金しますが、だんだん換金率が減りわかりにくくなっていることもあります。
利用者も最初の入金で信じ切ってしまい、発覚が遅れることがあります。

他の金融業者に個人情報が渡ってしまう

クレジットカード現金化の行為自体はうまく行くのですが、そのあと知らない金融業者から連絡があることがあります。
なんらかの形でお金がすぐに欲しいことがばれてしまい、連絡が入るようになってしまうのです。
クレジットカード現金化の業者が金融会社に個人情報を売って、商売をしていることもあります。

クレジットカード現金化の業者には、優良業者もありますが、中には悪徳業者もないわけではありません。
他社と見積もりをとり対応の仕方で判断したり、口コミを読んだり事前に防ぐことはある程度可能です。
自分で悪徳業者を選ばないことが基本になりますので、おこなう時はできるだけ情報を調べてから進めて行けるとよいです。