クレジットカード現金化は、現金が必要な際の最終手段を考えることが大切!

一見、クレジットカードさえあれば、誰でも手軽に現金を手に入れることができるクレジットカード現金化。そのため、ついつい気軽な気持ちで手を出してしまう人も少なくありません。しかし、このクレジットカード現金化には、様々なトラブル、危険性、デメリットが潜んでいます。そのため、利用する際には、現金を手に入れる最終手段として考えるべきです。
では、どのような危険性がクレジットカード現金化に潜んでいるのでしょうか。

悪徳業者に騙される危険性

まず、クレジットカード現金化を利用する際、多くの場合でクレジットカード現金化専門業者を利用することと思います。サイトを検索すると多くのクレジットカード現金化専門業者がヒットし、そのサイトも高い換金率、スピードの速さなど大きくメリットばかりが記載されています。
しかし、その中には、良いことばかり書いてあっても悪徳業者が潜んでいる可能性があります。そんな悪徳業者に気付かず利用してしまうと思っていた通りの換金率で現金化することができない場合だけではなく、1円も振り込まれず、クレジットカードの支払いのみが残ってしまう可能性もあります。クレジットカード現金化の場合、もともと、グレーゾーンと言われている現金化の方法です。そのため、悪徳業者に騙されても誰かに相談することもクレジットカード会社に言うことも難しくなります。結果的に泣き寝入りするしかありません。
このような悪徳業者に騙されてしまう可能性がクレジットカード現金化には隠れています。

自己破産が利用できない危険性

万が一、借金の返済が難しくなったとき、助けになるのが自己破産です。最悪の場合、自己破産するしかないと考えている人もいるのではなないでしょうか。
そんな、誰にでも認められている自己破産ですが、クレジットカード現金化の場合、利用することはできません。クレジットカードで購入したものに対し自己破産が認められていないためです。そのため、クレジットカード現金化を利用したことでクレジットカード会社への返済ができない場合でも自己破産は認められず返済し続けなければなりません。
そのことをよく理解しクレジットカード現金化を利用する必要があります。

カードローンなどに比べ金利が高いデメリット

クレジットカード現金化とカードローンやキャッシングなどを比較した場合、クレジットカード現金化では、審査が不要となりスピーディーに現金を手に入れることが可能となります。その一方、カードローンやキャッシングの場合は、審査が必要となりどうしても時間がかかるほか、最悪の場合、審査に落ち利用することができない場合もあります。
そして、このほかには、金利に違いがあります。審査不要で手軽な分、クレジットカード現金化の方が金利が高く実際に手にすることができる現金の額が少なくなってしまいます。クレジットカード現金化の場合は金利ではなく換金率となりますが、それで比較しても、カードローンやキャッシングの方がお得に利用することができることは間違いありません。そのため、さほど急ぎではなく審査時間を待つことができ、また、審査に自信がある場合は返済のことを考えカードローンやキャッシングを利用した方が安心です。

以上がクレジットカード現金化は最終手段として考えるべき理由となります。もちろん、優良なクレジットカード現金化専門業者も多く安全に利用することは可能です。そのため、どうしても、クレジットカード現金化を利用する必要がある場合は、必ず優良なクレジットカード現金化専門業者を選び安全に利用されることをオススメします。

クレジットカード現金化を疑われたときの原因と対処法 バレない方法と言い訳を教えます

クレジットカードの現金化をカード会社から疑われた場合、どうしたらいいのかを解説します。

カードの現金化がバレてしまうとカードを停止されたり、最悪の場合ブラックリストに載ってしまうこともあります。

そこで、どのような使い方をすると現金化を疑われるのか、疑われた場合どういった言い訳をすればいいのか具体的な例をあげて説明します。

クレジットカードの現金化をする際に注意したい点として、カード会社に現金化を疑われないようにすることがあります。クレジットカードの現金化は違法ではありませんが、カード会社の利用規約に反する行為なので、最悪の場合はカードを強制解約されブラックリストに載ってしまいます。

そうならないために、どうしたらカード会社に疑われないか、もし疑われた場合の対処法をお伝えします。

クレジットカードの現金化が疑われる原因

カード会社は24時間365日、不正検知システムを使ってカードの利用を監視しています。その不正検知システムにカード現金化が探知されてしまうと、カード会社に現金化が疑われてしまいます。

不正検知システムにひっかかるパターンとして
・現金化に利用されがちな商品を頻繁に購入している
・短期間に同じ商品を大量購入している
・毎月同じ商品を定期購入している
があげられます。

カード会社は顧客の購入場所や金額だけでなく、何を買ったかまで把握している場合があります。どれも一般的なカード現金化の方法ですが、こういったパターンのある行動をカード会社は検知しています。いかにも現金化していることが分かるようなカードの使い方は避けるようにしましょう。

クレジットカードの現金化を疑われた時の対処法

それでも、もしカード会社から現金化を疑われてしまったらどうしたらいいのでしょうか。対応を間違えるとカードの利用停止や、強制退会になりブラックリストに載ってしまうこともあります。そうならないためにも、あらかじめ疑われてしまったときの言い訳を考えておくのがオススメです。

カード会社にクレジットカードの現金化を疑われた時に注意すべきは
・カード会社の連絡には丁寧に対応する
・現金化していることを絶対に言わない
・疑われたときはそのカードの利用を控える
という点です。

クレジットカードの現金化を疑われると、一時的にカードが停止されてしまいます。その後、カードの利用状況についてカード会社から電話がくることになります。もしカードが停止されているのに気付かないでいると、不意打ちで電話に対応することになりますが、もちろん電話を切ってしまったり、無視したりするのは絶対にNGです。しかし、あたふたした対応をすると余計怪しまれるかもしれません。そんな時は「今は手が離せないので折り返しお電話をいたします」と伝え、一旦電話を切り冷静になりましょう。

この段階ではカード会社は検知システムに引っかかった人に連絡をしているだけで、現金化していると確信しているわけではありません。カードを何に使ったのか適切に伝え、カードの現金化はしていないと信じてもらうことが重要です。絶対にカードの現金化をしていることは言わないようにしましょう。

クレジットカードの現金化を疑われた時の言い訳

カード会社は何にお金を使ったのか尋ねてきますので、適切な返答をする必要があります。ここではブランド品と商品券の2パターンの言い訳をご紹介します。

高級ブランド品・アクセサリーやバッグなど

・友人へのプレゼントとして購入しました
・恋人との記念日で購入しました
・自分へのご褒美として購入しました

商品券・ギフト券の場合
・パーティーの催しで使う景品を購入しました
・結婚式の返礼品として購入しました
・友人へのプレゼントとして購入しました

上記のような説明をすれば、カード会社に納得してもらえるはずです。この他の商品でも、何か特別なことがあって購入したとしっかり伝えれば大丈夫です。その後、そのカードでの現金化利用を控えれば問題ありません。

以上、クレジットカード現金化を疑われたときの原因と対処法、言い訳を解説いたしました。このように不正検知システムに引っかかっても、カード会社に現金化していないことを信じてもらえれば問題ありません。本来このシステムは、カードの紛失や盗難から利用者を守るためのものです。ですから、たまたま高額の商品を購入した、限度額ぎりぎりまで使ってしまったと信じてもらえれば何の問題もありません。もし、カード会社から連絡が来ても冷静に対応するように心がけましょう。